読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REDESIGN

生活のコンディションについてのブログ

生活を豊かにする「ヒュッゲ」的な生活

f:id:sumi707:20170105213319j:plain

デンマークにはヒュッゲ(Hygge)という言葉があるのはご存知でしょうか?

あまり日本では聞きなれない言葉だと思いますが、

デンマークの人たちが大切にしている文化的な言葉の一つです。 

この言葉は、せかせかと日々忙しくしている私たち日本人を少し、スローにさせてくれる言葉だと思っています。

 

この「ヒュッゲ」の意味は、実は他の国の言葉では正確には訳せないと言われていますが、あえて日本語で言い表すと

「なごみ」

「だんらん」

「居心地のよさ」

 が 一番近い意味を持つ言葉だそうです。

 

デンマークでは寒い冬が長く、日照時間も短いために、家の中で過ごす時間が自然に多くなります。

(※気温が一日中氷点下となり、一日のうち16時間が夜となる季節)

 そのため、家族や友人と一緒に、ろうそくの光のもとで食事をしたり、暖炉の前でホットドリンクを飲みながら本を読んだり。

 

このようなゆったりとした心地よい時間の中に身をおくことを非常に大切にしているのです。

 

日本においても、デンマークのような厳しい冬がなくとも、このヒュッゲのような時間の過ごし方も、たいへん参考になると思います。

 

このような時間に身を置くことは、過去でもない、未来でもない、今ここにある自分を十分に感じることができる時間。 

日常の仕事や人間関係のことなど、いろいろと先の不安や、過去の後悔など。ついつい今の時間を楽しめないように自分を追いやってしまう人ほど必要な時間。

 

そんなときに「ヒュッゲ」という言葉を思い出していただき、

今、何か楽しむことが出来るように行動してみるのも良いのではないかと思います。

 

例えば、

・部屋を暗くして、キャンドルをともしてみる。

・暖かい紅茶を入れてみる。

・部屋の電気を暖色に変えてみる。

・アロマオイルで香りを楽しむ。

 

などなど、できることはいろいろあります。

そういう時間を生活の中に少しでも取り入れてみると生活の雰囲気が少し変わっていきます。

ちなみに、私は冬であれば、暖炉みたいなものはないですが、石油ストーブの前で、低い椅子に腰掛けて、オレンジ色の光のもとで読書するのがお気に入りの時間です。

 

またヒュッゲという言葉は、ノリウエー語の ”幸福” を意味する「Lykke(リッケ)」が起源とされており、19世紀にデンマークで登場したと言われています。

またヒュッゲの形容詞として「Hyggelig(ヒュッゲリー)」という言葉があり、心地よい、安らぐ、くつろぐ、の意味になるようです。

 

ヒュッゲは忙しく、慌ただしく生活されている方に「もっとゆったり生きていけばいんじゃない」と語りかける魔法のコトバではないでしょうか(^^)